みなさんこんにちは、ハマダアヤノです。
今回は、岡山・倉敷ひとり旅のレポートです。今回は友人が仕事で、岡山に行くとのことだったので便乗して乗せて行ってもらいました。つまり交通費が無料で一人旅をしてきました。

岡山・倉敷ひとり旅 スタート

それは友人の「明日早朝から岡山向かうけど、いく?」という一言からはじまった。

岡山にまだ行ったことがなかったので迷うことなく行くことを選択。早朝4時名古屋出発。高速を飛ばし、朝9時 新倉敷にて知人と別れ岡山ひとり旅をスタートしました。

新倉敷駅

まずは新倉敷から倉敷へ電車で移動。新倉敷駅はとてものどかで、川や山や畑をみながら電車に揺られていましたが、この10分間だけで岡山きれいだなぁということがわかります。

そして倉敷駅に到着。


倉敷といえば美観地区ということだったので、歩いて向かうことにしました。観光地なので海外の人は多いけれど、平日だったので結構空いていました。今回はスマホに頼らず、地図や看板のおすすめをみながら、散歩のように観光していこうと思います。

倉敷・美観地区をぶらりと散歩

倉敷駅から10分ほど歩いて倉敷美観地区に到着。到着してすぐ、緑に囲まれた素敵な住宅を発見。

美観地区というだけあって、どこを撮影してもとにかくきれいです。

厚きながらふと、日本の良さとはこういうことでは?と感じました。古民家や高層ビルとは違う背の低い建物、昔の工法で建てられた建築物とか本当に味があって素敵だなと。新しいものと古いものがセンス良く融合されていてどこをみてもとても美しい。そしてきちんと自然も残っているので全てが調和した場所だなと感じました。

美観地区にあるmtマスキングテープのお店

岡山は大人気のmtマスキングテープ発祥の地。ところどころでコラボレーションのお店があります。

棚いっぱいのマスキングテープは、圧巻で見応えがあります。

観光にも旅らしさを感じるにも倉敷の美観地区はかなりオススメの場所。

岡山倉敷旅、続きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。