ABOUT

スポンサーリンク

ABOUT 活動について

このサイトで発信していくこと

1.人の生き様を取材して発信する

2.コミュニティで人とつながる場を創る

3.旅の情報を発信する

4.生きることの悩みを解消できる話

5.参加したイベントのレポートをする

名古屋・大須 ahflowers という場所の話

私は名古屋大須にてahflowersというギャラリーサロンを2014年より運営しています。

ここは主に「花嫁さんの花冠やブーケをオーダーメイドで作るサロン」としてはじまりました。おかげさまでたくさんの花嫁様のアイテムを毎日カウンセリングしながら製作しています。

しかしオープンしてから集まってきたのは花嫁さん以外にも・・・

何かを知りたくてきた若者達

私はahflowersの活動以外に様々なことをしていました。
なぜそんなことをしていたかというと、1人で起業してお店を経営していることに非常に興味を持つ若者が多くahflowersにやってきたからです。

起業したい若者のための朝活やセミナーや

普段の生活とは違うことをして楽しみたい女子達や

他にも花嫁さんの悩みを解決するイベント「花嫁会」や

最近では才能のある人やアーティストたちや作家を集めてアートグループを作りました。

気づいたら30歳からの6年間は、多くの人とつながり様々なことを学んで生きて生きたと気づきました。

改めて私のプロフィールとこれまでの人生

10代の漫画家/小説家/絵本作家時代

小学生~中学校時代は毎日漫画ばかりを読み、当時バブル期だった親からの多額のお小遣いはすべて漫画へと消えていきました。当時1000冊以上の漫画を所有し、いつしか「自分も漫画家になりたい」と小学校6年生から漫画活動を開始。ひたすら物語をつくり絵を描き続ける。

今のデザイナーとしての感性もイラストの仕事も、ライターとしての文章能力もこれがなければ成り立たなかったと思う。

子供の純粋な想いは育てておくと将来の為になるんだなあと実感。

音楽活動をはじめる

自分の自己表現方法を模索し、たどり着いた結果「父は唄と絵の才能がある⇒姉は絵描きになった。じゃあ自分は音楽だ」とバンドボーカルをはじめる。19-26歳までいろんなライブハウスに出演したりレコーディングしたり。

10年前のバンドメンバーのドラム(アコギに移行してた)と渋谷のライブハウスで歌ってみたり、ベーシストとyoutubeやろうかとまだまだ仲間たちとの音楽は楽しんでる。

20代前半のカリスマ経営者時代

短大時代に始めた当時はやっていた高級デザイナーズ居酒屋のアルバイトで、うまれてはじめてこの人はすごいと感じたカリスマ的な経営者と出会い、どっぷり経営やビジネスが好きになる。

短大卒業後そのままその人に惚れて就職。飲食店現場の研修からデザイナーとしてホームページやメニュー作り、経理までたくさんのことをほぼ教えてもらわず「自分でやれ」状態。

「お前のできるできないじゃない、やれって言ってる」

当時は「横暴だ!」と思っていたけれど、経営者になった今この言葉の深みがよくわかる。

経営をする、ビジネスに携わるということの経験やお金を稼ぐということの意味。何のために、誰のために、その結果何を得るのか・・・を学べた時期でした。ここでは人生の発見や学びだらけで本当に人生観が変わった。

25歳 バイク免許取得

20歳の頃からYAMAHAのYB-1という原付に乗ってましたが、雨の日によくスリップして事故りました。やっぱりどうしても大きなバイクに乗りたい!もっと旅に出たい!かっこいいアメリカン乗ってかっこよくいきたい!っと内緒で免許取得。合格したその日にすでに買っていたバイクをその日のうちに取りに行き乗って帰ったら、母親が絶叫&説教。笑

26歳 紙粘土作家になる

音楽活動をやめ、その先に選んだ自己表現がなぜか紙粘土作家。

20代後半の会社クビ三連発

大学の事務員やら、古着屋やゴルフ屋のECサイト構築やら派遣や正社員で働いていたものの「会社のココ、直した方がいいよ」などなど熱く社長に説いてたら「お前・・・自分で会社やった方が合うぞ」と会社をクビに。
しかしそこで出会った勤めていた会社の社長さん達がいい人で「お前は間違ったことは言ってないから起業家か社長になれ」と言ってクビにしてくれたおかげでいよいよ社会から脱出!

ようこそ30代!好きなものを作って売る喜びを。

30歳でラッキーに結婚。笑
その結婚準備をFacebookに載せてたらなんと髪飾りのオーダーが2件も入ってくる。自分の結婚式の準備+ヘッドドレスのオーダー製作のはじまり。
そのおかげでインターネット販売⇒名古屋大須に実店舗販売とうまくクリエイターオーナーとして生きていける場の提供ができるように!

36歳を迎えて

ここまで様々な職業を生きて、起業して6年間突っ走ってきたけれどふと毎日に楽しさとそれ以上に忙しさや縛られる息苦しさを感じる時があった。

高校生時代から感じていた「ああ、毎日がつまんない」という感情を無くすための反動で何事も一生懸命に純粋にやってきたもののいつもなんだか中途半端な気持ちに襲われた。

・今の時代ならもっと自由に考えたり、表現できるのではないか。
・制約や枠、常識などのあらゆるものを減らしてより自由に生きること、表現することができるのではないか
・私のやれることは他にあるのではないか。
と、今ある枠をすべて外したいという衝動に駆られ2018年の終りとともに

私の人生は実にわがままで思い付きでちゃんとしてなくて楽しい。多くの人と一緒にそんな生き方をしていきたい

とおもい、このサイトを立ち上げました。