【東海散歩旅】名古屋市緑区・相生山徳林寺へお邪魔しました

散歩旅

【東海散歩旅】名古屋市緑区・相生山徳林寺へお邪魔しました

みなさんこんにちは。ライターイラストレーターのハマダアヤノです。今回は名古屋市内のお散歩旅として名古屋市営地下鉄桜通線・相生山(あいおいやま)駅そばにある徳林寺にお邪魔してきました。

【東海散歩旅】名古屋市緑区・相生山徳林寺へのアクセス

今回徳林寺までは、住所を頼りにグーグルマップに案内を頼りました。案内された道は、かなり幅のせまい舗装されていない道路で、急な坂を上りながら森の中を走るので、普段運転に慣れていない人は十分に気を付けましょう。

山道を抜けるとようやく森の中に囲まれたお寺が見えてきます。

専用の駐車場に車を止め、お寺を回ります。

この時期は、お祭りがあったとのことで、色とりどりの旗が飾られていて、とてもきれいです。

こちらは本堂。華美すぎず人も少ないので、落ち着いてお参りすることができます。

徳林寺は多くの人が共同体として生活している

こちらのお寺では、日本の方だけではなく、ベトナムの方も多く住み、共同体としてひとつの生活をしていました。そんな徳林寺は、着いてから不思議な感覚を感じまる場所でした。

山を登り森の中にあるお寺だからか、都会の喧騒や音が聞こえずとても静かな環境です。都会にありながらも、都会ではあまり感じられないような、まるで山奥にでもきたように、あたりまえが自然に存在しているそんな空間でした。

建物も昔ながらの家屋に近い懐かしいような、けれどそこには少し違う文化が感じられるような建物が続いているので、とても興味深く見入ってしまいました。

寺内にいる人々も、お祭りの飾りを作っているグループがいたり、ビデオを回してミュージックビデオを作っている方がいたり、住んでいる方達の食事を作っているグループがいたり、ピアノを弾いてる方、農作業をしている方など様々な決まりのない作業をしている人がたくさんいました。

ここにいる人たちの作業は、会社や組織と何が違うのかと考えていたら、それらは「仕事」ではなく、暮らしていく上で「必要でしていること」をしているだけのように見えたことでした。

一般にも開放しているみんなの家cafe

徳林寺の中には、一般の方が自由に使うことができるみんなの家cafeがあります。お伺いした日は木曜日だったため、クローズしていましたが、お休みの日になるとみんなの家cafeでは様々なイベントが開催されているそうです。

中に入らせていただくと、昔風の居間のような、ログハウスのような、家庭のリビングのような人によって感じ方が違うように捉えられるつくりのスペースがありました。こちらに置いてあるものは、きちんと最後まで片づけるのであれば好きに使ってよいそうです。室内には、飲み物や食べ物なども揃っています。

【東海散歩旅】名古屋市緑区・相生山徳林寺へお邪魔しましたまとめ

いかがでしたでしょうか?名古屋には様々なお寺が存在する中で、徳林寺さんは自然や異文化を感じられること、さらには生きるために必要なことを当たり前に行っている空間なので、普段の忙しい生活の中で忘れてしまっていることを緩やかに気づくことができる場所でした。

様々なイベントも開催されているので、普段とは違う何かを感じたいと思われた方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

◆徳林寺詳細◆
住所 〒468-0037 愛知県名古屋市天白区野並相生
電話  052-896-1606

コメント

タイトルとURLをコピーしました